ほうれい線の肌荒れ

ほうれい線は顔の口の周りについているシワのようなもので、

歯を出して笑うとはっきりと浮かび上がることがありますが、

肌荒れを起こすとほうれい線の周りにニキビのようなものが出てきます。

 

そういう時は皮膚科の病院で早めの治療をする必要があり、

肌専用の塗り薬を塗らないといけませんが、

ほうれい線のニキビの原因は夜中の活動時間が多かったり

普段の食生活でなりやすい可能性があります。

 

人間の睡眠時間は午後9時から午前3時を目安としており、

その時間は人間の体にある成長ホルモンが分泌されやすいので、

10代の成長期である方にとっては貴重な時期であります。

 

それ以外の時間に寝ても成長ホルモンは分泌されにくく

基本的な睡眠を取っている人より成長が遅れることがありますが、

成長ホルモンは睡眠だけでなくスポーツをして体を動かしたりすると、分泌されやすくなります。

 

次に食生活ですがニキビのなりやすい食事として高カロリーの食事やインスタント食品が多く、

たまに食べても問題はないのですが毎日続けている場合はホルモンのバランスが乱れたりするので

ニキビが顔の表面に現れるようになり、結果的に肌荒れに繋がります。

 

肌荒れの主な原因はニキビから始まり、そのニキビが増加していくことで

ほうれい線にもニキビが起こる可能性がありますが、

普段から規則正しい生活習慣をしていればそういった事態も防げるし、

肌荒れが起こりにくい抵抗力を身に着けることができます。

またほうれい線の周りが肌荒れする場合は、一度顔を水に濡らすと防ぐことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL