ほうれい線を消す方法は地道に続ける事が一番です。

ほうれい線は肌年齢の加齢の他に

疲労の蓄積や身体全体のコリも原因の場合があり、

いくつかの原因が重なって出来てしまう人がほとんどです。

 

1日ケアをすればほうれい線が消えるという初期の場合や軽症の場合は、

すぐに対処して肌にクセがつくのを防ぎましょう。

数日ケアを続けてやっと消えるという状態になると肌にクセがつきはじめて、

回復しづらくなってくるのでこの状態に進む前に毎日のケアが大切です。

 

肌を回復させてほうれい線を消す方法としては顔だけをケアするだけでなく、

顔につながる各パーツもあわせてケアをして原因そのものを徐々に減らしてゆくというプローチが大切です。

顔にしっかりとした線が入ってしまっている状態なので、

顔全体をほぐして固まってしまっている肌や内部の筋肉を柔らかくしてリラックスをさせてあげます。

その上でこすりすぎないようにマッサージクリーム等すべらかになるアイテムをつけてからマッサージをします。

リンパの流れを妨げないように顔の中心から外側に向かってのマッサージが基本です。

 

その後に顔につながる各パーツのケアに入ります。

頭皮のコリと疲れのケアは髪に対するケアと同じものになりますが、マッサージがメインとなります。

頸の後部から肩全体と背中、さらに肩甲骨周囲も含めた脇までのコリをほぐしてあげます。

コリをほぐして血液滞りと筋肉のこわばりをケアしてあげたあとはゆるやかにならしてあげましょう。

ほぐしてから、ならす。

この2つのステップで顔につながる広範囲の筋肉と肌のケアになります。

 

身体の後ろの部分は肉の部分が前の部分と比べると少なく、ケアをすると効果がすぐにわかる場所でもあります。

頸から上のパーツとも密接につながっているのでほうれい線の症状を変える決め手にもなります。

顔も含めた広範囲の部分を毎日ケアする事で、出来てしまったほうれいせんを

結果徐々に薄くして最終的には消す方法になります。

毎日、地道に続ける事が一番効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL